40代からのニキビ跡ケア

記事一覧

美容皮膚科
〈もし6ヶ月以上赤みに悩んでいたら〉こんにちは(⌒▽⌒)ご訪問ありがとうございます。あなたはニキビ跡の赤みを実感してからどのくらい経ってますか?6ヶ月以前だったら…

記事を読む

美容皮膚科
〈6ヶ月を基準に施術内容が変わる〉こんにちは(⌒▽⌒)ご訪問ありがとうございます。ニキビ跡の赤みを美容皮膚科で治療する時発症から6ヶ月を境にして施術内容が変わるこ…

記事を読む

美容皮膚科
〈ニキビ跡は良くなってますか?〉こんにちは(⌒▽⌒)ご訪問ありがとうございます。あなたのニキビ跡は順調に治っているでしょうか?ターンオーバーのサイクルを改善する…

記事を読む

image.jpg〈..

ターンオーバーを活発にする栄養素
〈ターンオーバーを活発にする真打 ビタミンC〉こんにちは(⌒▽⌒)ご訪問ありがとうございます。今回はターンオーバーを活発にする真打ビタミンCのお話です。ビタミンCは…

記事を読む

image.jpgこ..

ターンオーバーを活発にする栄養素
こんにちは(⌒▽⌒)ご訪問ありがとうございます。今回はビタミンEの多く含まれた食品をご紹介していきますね。ビタミンEには@シミや生活習慣病の原因となる活性酸素の発…

記事を読む

【40代のための赤み撲滅 フラクセルレーザー】

〈もし6ヶ月以上赤みに悩んでいたら〉

こんにちは(⌒▽⌒)
ご訪問ありがとうございます。

あなたはニキビ跡の赤みを実感してから
どのくらい経ってますか?

6ヶ月以前だったらお肌のダメージは表皮までなので
Vスターレーザーやピュアアクネスを使い
毛細血管などをきれいにしていきます。

ところが赤みができてから6ヶ月以上経っていると
赤みのダメージが表皮よりさらに下の真皮層にまで及んでいます。

そのため、お肌のターンオーバーを活性化させ
表皮の細胞が生まれ変わるスピードを早めたり
真皮層でのコラーゲンの生成量を増やしたり

そんな対策が必要になってくるんです。

もしそんな便利な治療法があったら知りたいと思いません?


〈40代のための赤み撲滅 フラクセルレーザー〉

表皮のターンオーバーを活性化させ
真皮層でのコラーゲンの生成量を増やす
とんでもなく便利な治療機の名は
フラクセルレーザーと言います。

40代はターンオーバーの周期がどんどん遅くなっていくので
表皮と真皮からお肌を変えていくことができたら
どんなに素晴らしいことでしょうか?

フラクセルレーザーはCO2(炭酸ガス)を使っており
普通のレーザーとは違い水に反応します。

炭酸ガスの熱でお肌の水分を一瞬で帰化させてから
皮膚に何ミクロという微細な穴を開けて
角質→表皮→真皮かまで反応していきます。

そうして表皮ではレーザーの当たった部分では
細胞が死に周りの生きた細胞がその部分を包み
一週間ほどで新しい細胞に生まれ変わります。


一方、真皮層ではコラーゲンの生成が始まっていきます。

そのように、表皮と真皮に刺激を与えることで
強制的に新しい肌へ入れ替えていくんですよ。

〈デメリットもある〉

どうですか
40代のあなたでもこれならほとんどリスクなく
赤みの治療ができそうじゃないですか?

でもどんな素晴らしい治療法にもデメリットは付き物です。

他のレーザー治療と同じように
肌に熱を加えるので施術後に赤みが引かずに
色素沈着として残ってしまうケースもあります。

1回の施術でお肌の生まれ変わる面積も
全体の5〜15%とそれほど大きくはないのも
少し物足りないかもしれません。

それでもメスを使ってお肌を傷付けることを考えたら
はるかに安全
だと思いません?

フラクセルレーザーはニキビ跡以外にも
シワ・タルミ・毛穴の開き・火傷を治療する時にも使われます。

それだけ万能な治療法だという証ですね。


以上、40代のための赤み撲滅 フラクセルレーザー
のお話をさせてもらいました。


【40代のための赤み撲滅 Vスターレーザー】

〈6ヶ月を基準に施術内容が変わる〉

こんにちは(⌒▽⌒)
ご訪問ありがとうございます。

ニキビ跡の赤みを美容皮膚科で治療する時
発症から6ヶ月を境にして施術内容が変わる
この話はご存知ですか?

赤みを発症して6ヶ月までは
肌表面の角質層に炎症の跡が残った状態です。

ところが6ヶ月を過ぎた辺りから
真皮層に向かってじわじわとダメージが侵食していって
毛細血管が透けて見えるようになります。

そのように、発症から6ヶ月を過ぎた辺りから
赤みがお肌へ与えるダメージが悪化していくので
それに応じて施術内容を変える必要があるわけです。


〈40代のための赤み撲滅 Vスターレーザー〉

発症から6ヶ月以内の赤みには
Vスターレーザーという機械を使用することがあります。

これは、赤い物に効率的に吸収されやすい性質を持つ
Vスターレーザーを赤みに照射することで
血液中のヘモグロビンがそのレーザーを吸収。

肌に網の目のように走っている毛細血管を拡張させ
栄養分が赤みに届きやすくするのを助ける作用があります。

40代になると20代・30代の頃より
ターンオーバーのサイクルがグーンと落ちるので
毛細血管を拡張してターンオーバーを助けてくれるのは
とっても助かると思いませんか?

このVスターレーザーは施術後のダウンタイムが短いのも特徴で
施術を受けた当日に入浴の可能な例もあります。

また、レーザーは高温でお肌を焼くので
終わった後お肌にダメージが残ってしまうそうなんですが
Vスターレーザーは冷却装置が付いているため
お肌へのダメージがを軽減することができるんです。


〈色素沈着が残ってしまう可能性がある〉

ここまで見てくるとVスターレーザーって
安全で万能な機械のように思えてきませんか?

けれど、冷却装置が付いていてもお肌へのダメージが0でなく
人によってはレーザーの熱で炎症が残り
それが色素沈着になってしまう方もいます。

そんな時はクリニックの方でビタミン剤を飲むなどの
具体的なアドバイスをもらうことができます。

しかもレーザーの波長をコントロールすることができるので
肌にかかるダメージも調整できます。

以上、40代のための赤み撲滅 Vスターレーザー
のお話をさせてもらいました。

お値段は各クリニックのコースによって異なりますが
ニキビ跡治療にVスターレーザーを用いる場合は
医療保険適用外なので10万円以上はかかること
覚悟しておいてくださいね。

【最後の手段、ニキビ跡を美容皮膚科で治すために覚えておきたいこと】




〈ニキビ跡は良くなってますか?〉


こんにちは(⌒▽⌒)
ご訪問ありがとうございます。

あなたのニキビ跡は順調に治っているでしょうか?

ターンオーバーのサイクルを改善する栄養素を摂ったり
血流を活発にするため毎日運動をしたり
高いお金を出してスキンケア商品を購入し

そこまで努力して
ニキビ跡が全く良くならなかったら・・・

美容皮膚科の受診を検討してみてください。


〈最後の手段、ニキビ跡を美容皮膚科で治すために覚えておきたいこと〉

美容皮膚科は高額な料金を使う代わりに
専門医のドクターに診断をしてもらうことができて
高性能な機器を使用するので治りは断然早くなります。

あなたは、美容皮膚科へかかろうかなって思いました?

余談になりますが
皮膚科と美容皮膚科の違いをご存知ですか?


両方ともお医者さんがいるのは共通していますが

皮膚科が湿疹・ニキビ・水虫などの全般的なお肌の病気を診察
医療保険を使うことができます。

一方、美容皮膚科は高性能な機械を使って
患者さんのお肌をキレイにするのが主な仕事です。
一部例外はありますが、診療の大半で医療保険は使えません。

あなたがネットで皮膚科について調べる時は
美容皮膚科の方を調べてくださいね。

美容皮膚科でニキビ跡を治す時には

1 赤み
2 色素沈着
3 クレーター
4 しこり
5 ケロイド


の各段階に応じて治療内容は異なってきます。

例えば、赤みを治す場合には

コラーゲンの生成量を増やすフラクセルレーザーを患部に当てたり
赤みに浸透しやすいVスターレーザーを使ったり

症状に応じて使う機器が代わってくるわけです。


〈お金がかかるのが難点〉

そのように、美容皮膚科は医者というより
「お肌をキレイにする専門家」
という表現の方が適切かもしれません。

そして、皮膚科と異なり医療保険が使えないので
診療代金はカナリ高くなります。

あなたのお財布のは受診できるだけのお金がありますか?

あなたがニキビ跡を治すため
美容皮膚科への受診を考えていたら
この問いかけのイエスと答えられる準備をまずしてくださいね。


以上、最後の手段、ニキビ跡を美容皮膚科で治すために覚えておきたいこと
というお話をさせてもらいました。

追伸

このカテゴリーでは美容皮膚科に関する情報を集めていきます。
関連記事にも目を通して情収集しいっくださいね。

【ターンオーバーを活発にする真打 ビタミンC】

image.jpg


〈ターンオーバーを活発にする真打 ビタミンC〉

こんにちは(⌒▽⌒)
ご訪問ありがとうございます。

今回はターンオーバーを活発にする真打ビタミンCのお話です。

ビタミンCは体に良い栄養素の代名詞として
子供の頃から学校やテレビで何回も
その名前を耳にしてきたかと思います。

では、あなたは具体的にビタミンCには
どんな効果があるのかと言われたら即答できるでしょうか?

漠然と体に良いとは聞いていても
案外細かい効果まで知らないものです。


〈ターンオーバーからニキビ跡までビタミンCの効果〉

ビタミンCにはお肌に限った物でも

@ コラーゲンの生成を促す
A 皮脂の分泌を抑える
B メラニンの生成量を抑制する
C 活性酸素を除去する


等の働きがあります。

コラーゲンは、肌の細胞と細胞をつなぐ
接着剤のような役目を果たしています。

細胞同士が密接につながっていることで
ターンオーバーに必要な栄養素が行き渡り
不要となった老廃物も体から出て行きやすくなります。

メラニンや活性酸素はニキビ跡の色素沈着の元になる物質。

つまりビタミンCでコラーゲンを生成すれば
ターンオーバーが活発になるだけではなく
メラニンや活性酸素の発生も抑えられて色素沈着も薄くなるんです。


〈ピーマンや柑橘系の果物で摂ろう〉

ここまで聞くとビタミンC絶対に取らなきゃと思いません?

ビタミンCは

赤ピーマン 170mg
黄ピーマン 150mg
ゆずの皮 150mg
パセリ 120mg
レモン 100mg

と、ピーマンや柑橘系の果物に多く含まれています。
(全て100g中の含有量です)

成人男女とも1日のビタミンC推奨摂取量が
100mgなのではそれらを100グラム食べれば
簡単に補給できてしまいます。


ターンオーバーを活発にする栄養素はたくさんありますが
40代でニキビ跡に悩むあなたには
ビタミンCだけは絶対に補給して欲しいと思います。

先ほど書いたように
ビタミンCはお肌のターンオーバーを活発にしつつ
ニキビ跡の色素沈着を薄くする作用があるの
あなたにはとって最適な栄養素なんです!


以上、ターンオーバーを活発にする真打 ビタミンC
のお話をさせてもらいました。

【ビタミンEの多く含まれた食品】

image.jpg

こんにちは(⌒▽⌒)
ご訪問ありがとうございます。

今回はビタミンEの多く含まれた食品を
ご紹介していきますね。

ビタミンEには

@シミや生活習慣病の原因となる活性酸素の発生を抑える。

A抹消の血管を広げて血流を活発にして
栄養素がお肌に供給されるのを助ける


B血中コレステロール値を下げる。

などの効果があります。

全てお肌にとって良いことばかりですよね。

活性酸素はニキビ跡が
赤ニキビ跡→色素沈着→クレーターと悪化していく過程でも
赤ニキビ跡や色素沈着の発生に深く関わってくるので
それを抑えられたらニキビ跡のケアにまで効果がある訳です。

血流が活発になるということは
ターンオーバーに必要な栄養素の届く時間が短くなるので
40代でターンオーバーのサイクルが遅くなったお肌には
欠かせない物質になってきます。

そのビタミンEは、主にトコフェロール類トコトリフェノール類とで出来ていて
大半がトコフェロール類を占めています。

最近の研究では数が少なくて影の薄かったトコトリフェノール類に
血中コレステロール値を下げる効果のあることが分かってきました。

40代だとコレステロール値が高くなりやすくて
健康診断で引っかかる機会が増えてきます。
血中のコレステロール値が下がるのはありがたいですね。


厚生労働省が2015年に発表した日本人の食事摂取基準によると

18〜69歳までの成人男性で1日6.5mg
同じ年齢層の成人女性で1日6.0mg
ビタミンEを摂取した方が良いとされています。

ビタミンEの多く含まれた食品は油や魚介類で

サンフラワー油 27.1mg
とうもろこし油 17.1mg
なたね油 15.2mg

アンコウのキモ 13.8mg
すじこ 10.6mg
キャビア 9.3mg

(いずれも100mあたりの含有量)

それらを毎日食べていれば1日に必要なビタミンEを
しっかり摂れる計算になりますね。

ただし、1日の耐用上限量が
18〜69歳までの成人男性で800〜900mg。
同じ年齢層の成人女性で650〜700mg
となっています。

ビタミンEを過剰に摂取ししすぎると
骨粗しょう症のリスクが高まると言われています。

40代は体が衰えてくる年代なだけに
1日の耐用上限量を越えての摂取は控えたいものです。

以上、ビタミンEの多く含まれた食品について
ご紹介してきました。





Copyright © 40代からのニキビ跡ケア | 40代でも自信を持ってスッピンに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。